炭水化物

身体と脳の「ガソリン」です。

炭水化物を食べると血液の中で「」となります。

この糖が体や脳の活動に欠かせないガソリンになります。

食事を抜くと血液中のが少なくなります。

これはイライラしたり、集中力がなくなる原因になります。

体だけではなく心や頭にも大切な栄養源なのです。

炭水化物は「」と「食物繊維」に分類できます。

栄養成分の表示では「炭水化物」とだけ書いてあることも、「」・「食物繊維」と書いてあることもあります。

が体と脳のガソリンであるの役割をします。

食物繊維は満腹感を与えたり便秘を予防したりする働きがあります。

加工・精製された炭水化物を摂り過ぎると体重増加などにつながるので注意が必要だとされています。

■炭水化物が多い食品 ⇒米、パンなどの穀類、麺類

白米